「私立葬」というのを聞いたことはありませんか?

これは、亡くなられた側の遺族や親戚が、主催するお葬式のことになります。

一般的なお葬式であれば、遺族や親戚の中から喪主を決めるだけですが、
こういうそれぞれ葬でのお葬式を授ける場合は、施主も決めなければいけません。

施主というのは、お葬式の代価を負担する人…ということになります。
施主は一般的には、亡くなられた側の奥さんであったり、子供であったりします。
子供と言っても多くが、長男かいなければ、長女と言うことになります。

それぞれ葬の場合は、親戚の方には電話で訃報の連絡をする。
また亡くなられた側って親しかった同僚や身近には、
新聞紙のお悔やみ欄でお知らせするのが、一般的です。

それぞれ葬の場合には、仏式の葬儀や神式の葬儀、あるいはキリスト教部門の葬儀の
3品種に、ものすごく分けられます。

そのためそれぞれ葬に出場達する場合には、
それぞれのお葬式の記帳や作法を、心得ておく必要があります。家族だけのお葬式