親族や側のそれぞれ、あるいは傍らが、危篤だという連絡を受けたら、

可能であれば行ってあげるようにしましょう。

連絡していただいたご家族は、できれば最後に瞬間見てもらいたい、あってもらいたい…、
そんな手強い本心から連絡をしてくれていらっしゃる。
その本心にこたえてあげるようにしましょう。

危篤の連絡を受けるのは、テレホンと言うことが多いと思います。
そのときは、細かい容体を確認するようなことはしません。
また細かい姿を訊くようなこともしません。

入院隅っこを聞いたり、クリニックへの行き方を聞いたり、ニード最低限の振る舞いだけを、確認します。

駆けつけるときの組み合わせは、普段着で構いません。
但しケバイものは避けましょう。

自体といった一対一できた後は、長居はしないようにしましょう。
危篤状態ですから、自体も疲れてしまいます。
またほかの遺族や知人の人類も駆けつけてこられるだから、
風貌を見たら、舞い戻るようにしましょう。

また世帯に、何かと話を訊くのも避けます。家族葬の費用