郵便局の弔電サービス

弔電サービスといえばやはりNTTをすぐにイメージするのではないでしょうか。
しかし実際は弔電はNTT以外にも色々な会社がサービスを行っています。
弔電だけでなく電報に求められるのは決まった日までに確実に相手に届けてもらう信頼感です。
日本郵便が行っている「レタックス」は非常に有名な電報サービスです。
郵便局と聞くとどこか安心感がありますよね。
15:30まで(一部地域は13:30まで)に差し出しをすれば当日に配達してもらえます。
また、申し込みの翌日から10日以内ならば、配達日だけでなく、午前か午後の配達の時間帯を指定することも出来ます。
NTTの弔電と同じく、弔事用の台紙や豊富な文例集が用意されています。
レタックスの台紙は弔電用に500円台から5000円台のものまで準備されています。
弔電用の文例集は多数用意されており、故人や葬儀に合わせたものを選ぶことができます。
もちろん弔電用の文章は自分で作ることもできます。

家族葬を安い費用でやるならこちらの情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です